2019年4月6日土曜日

チャフも取れる冷却器 DIY

冷却器3ステップ

ステップ1.吹き上げ式 簡易型

サーキュレーターを使います。

上にザルを乗せて(サイズがドンピシャ!)

風力十分で、機能的にはこれで全く問題ない。秒単位で冷たくなります。欠点はチャフが舞い上がります(T_T)。
手網焙煎の豆量は200g程度であまり気にならなかった。ところが手回しロースターになって一焙煎450gとなると、かなり盛大に舞い上がります。全身かぶります。これはなんとかしないとまずい。

ステップ2.吸い込み式

板で箱を組み、中にサーキュレーターを逆さにして入れる。(真上からの映像)



焙煎豆を受けるザルがハマる大きさに天板に穴をあけます。(ザルはユニオン・サンプルロースターに付属)

すっぽりハマって効率よし。

底板にもサーキュレーター用穴を開け空気を噴射。百均のキャスターを付けて移動可能に。



今までのザルでは側面から空気が入り込み豆を通過する空気が少ないので効率が悪い。

冷却用のザル(左)はサイドがステンレスで底面だけが金網になっている。

これでチャフの舞い上がりがなくなりました。(^o^)。
しかし、このままでは床に溜まる。ホウキで掃くか集塵機で吸い取るか。まだ手間がかかるなぁ。

ステップ3.チャフ取り付き分割型

3cm角の安価な角材を組んで、網戸用のネットをタッカー(百均)で内側に止める。その上に冷却器を乗せる。チャフが溜まったら上の冷却箱を下ろせばチャフを捨てるのは簡単です。理想は引き出し型ですが隙間があるとチャフが漏れる可能性があるのでこれで妥協。


網は風通しが良くて細かいチャフも通さないものを・・・と考えていたら網戸用ネットを思いつきました。小さい虫も通さず涼しい風は通す。
大成功です。\(^o^)/

下箱はキャスター付きで底面からも風が出ます。(真上からの映像)



チャフはこんな感じに残ります。実際には一度の焙煎でもっと出ますが、うっかり撮影前に捨ててしまいました(汗)。

 因みに、木材とネットはホームセンター、ネジ・タッカー・キャスターは百均で購入トータル3,000円程度。冷却効果もチャフ取りも兼ねるのでン万円の既成品より、CPは高いと思います。お一つ如何?。

2019年3月23日土曜日

手回しロースターに手を出す

穴無し二重ドラム

空気の溜まらない手網を続けていたので真逆の、熱気のこもりやすそうな穴無しドラムのタイプを購入。「ユニオン サンプルロースター」Amazonで4万円弱。ドラムは二重になっている。

  • はじめに外側のドラムが熱くなる
  • 次に外側のドラムと内側のドラムの間の空気が熱くなる
  • さらに内側のドラムが熱くなる
  • 最後に内部の空気が熱くなる

火力が間接的に豆に伝わる。熱気蓄熱方式。(半熱風式というより熱気式)


2019年2月17日日曜日

MacBook Air (13-inch, Mid 2011) バッテリー交換

自分でバッテリー交換の理由

今回は5年を過ぎているので既に保証の対象外でバッテリー交換は出来ないとショップに突っ返された。(新型を買えということ?)。
 やがて電源に接続したまま使っていても、次々とエラーや予想外のことが起き出しました。ストレスピーク。止むを得ずの処置・駄目元で代替バッテリーをアマゾンで購入。

2019年2月4日月曜日

「ページを開けません。多くのリダレクトが発生しています」- iPhone -

iPhoneからBloggerにログイン出来なくなった。


出先や休憩時間などに、ふと思いつきブログを修正したいときがある。ところがネットで探した方法やBloggerのヘルプからの端末の認識などを試みるが
  • 「多くのリダレクトが発生しています」
の一点張り。何をやっても駄目。私が2段階認証をするようになってからのような気もする。唯一ログインできる方法が、
  • G+を通してログインする
自分のG+の投稿のリンクからBloggerに飛び、記事の一番下の「Blogger」をクリックしてやっとログインできる。回りくどくて面倒。

Chromeアプリからログインする


Googleアカウントを通過していることがポイントのよう。そこで、
  • App StoreからChromeをインストール
  • https://draft.blogger.com/にアクセス
すると、普通にログインできました。

ところが。長い記事は、

スクロール出来ない!


画面スクロールに限界があります。途中の行までか編集できない。最下行へ到達すのは不可能。

  • 方法1 ブックマークレットを使う

JavaScriptを色々やって…、お気に入りを編集して…、面倒だがやってみた。編集画面はスクロールするのに、肝心の編集モードになるとカーソルすら見えない。ドラッグがぶっ飛んでしまう。駄目だこりゃ。

  • 方法2 アプリ「Blog Touch Pro」¥600円を入れる

を入れてみる。コレは使えるけど、見出しが使えないし、htmlモードも無いよう。


今のところ、消去方ですが「Blog Touch Pro」¥600円かな。設定で日本語表示も出来ますし。
  • ログイン出来る
  • スクロール出来る
  • 編集出来る
で、よしとすべきでしょうね。


追記 2019年3月4日
 m(_ _)m 訂正です。見出し使えますね。

文字入力中のメニュー左から三番め
「P」
をタップしてプルダウンメニューを下にスクロールすると見出しタグ出てきます。(チコちゃんに叱られる〜)




見出し




追記 2019年3月23日

G+が4月2日で終わるというので、「ユーザー設定→ユーザープロフィール」をG+からBloggerに買えたらiPhoneからログイン出来るようになりました。相変わらずスクロールには限界があるので、「BlogTouchPro」も必要です。





2019年1月20日日曜日

手網焙煎  温度計に騙される

未だに手網な理由

手網焙煎はじめるの続きです。
試しに手網を始めて、すぐに機械焙煎に変える人が殆どだと思います。私はなぜ頑固に変えないかというと、
  • 単純に美味いから。自分好みのコーヒーが、他に見つからない。
  • 日々進化で味もどんどん良くなり、もし機械に替えてこの味が出なくなったら問題。
  • 機械だろうが手網だろうが味のセンスは人で決まると思うから。
 豆を売るのが目的なら少量焙煎の手網では無理。機械焙煎のほうが短時間で量産できます。しかし自分の味を追求するなら、微妙な調整から大胆な焼き方まで自由度が高いのが手網の魅力だと思います。

現在の環境は

  1. 車庫にプロパンガスを配管(ガス欠防止・火力安定)
  2. リンナイ一口コンロ
  3. 手網は遠藤商事で上面・側面はアルミテープ(蓋は開閉自由)
  4. シフォンケーキの型枠(風防 兼 網の高さ維持及び焦げ防止用)
  5. セラミック網付き焼き網(熱面積増加・外炎による焦げ防止)
  6. 肉用差し込み式デジタル温度計(手網内温度計測用)
  7. タイマー(iPhone)
  8. 煎り豆の受けザルON冷却用ファン式サーキュレーター
  9. 上皿計り(生豆計量)
  10. 反射式石油ストーブ(極寒地対策)



最初の疑問

手網の中で何が起きているのか見えません。まして豆の気持ちは分かりません。せめて温度(直付け温度計)と時間(タイマー)を視覚化することから始めました。すると、

  • 同じ温度表示で必ず爆ぜるとは限らない
  • 同じ時間で必ず爆ぜるとは限らない

 ということが分かりました。

  • 手網とコンロの距離変化
  • コンロの火力変化

「遠火の強火」と「弱火の弱火」の関係。或いは、「強火の強風」と「弱火の弱風」の関係。やってみると、6分165度で爆ぜたり10分184度で爆ぜたり、12分で188度を超えたりします。豆一粒の内側と外側、手網の中全体での温度は必ずしも同じとは限らない。「ズレがある」。豆の内部温度は計りようがない。そこで、火力と時間(温度変化)を揃えると必ず同じ温度で爆ぜるようです。豆の芯まで一定の熱が通れば爆ぜるのではないでしょうか。例えば、熱でタンパク質が白くなる温度は普遍的要素で一定だと思います。(因みにここ青森弘前で冬の気温は零下まで下がります。生豆は凍りませんが季節によってスタート温度にはかなりの差があります。相応の火力の調整は必要です。)



「爆ぜる」は唯一の根拠

 豆が爆ぜたということは一定の熱が通ったという最もわかりやすい現象かと。爆ぜるときの内部温度は同じである筈。ところが温度計では異なる表示をする。???。

温度計と豆内部の温度差(表示差)

  • 165度で爆ぜが来た
  • 174度で爆ぜが来た
  • 184度で爆ぜが来た
  • 188度で爆ぜが来た
次に、それ以上温度を上げないようにすすめると、

  • 爆ぜなくなる温度
  • 爆ぜが続く温度

があります。私の温度計では184度〜195度の辺りがよく爆ぜが続きます。2爆ぜは195度以上がよく爆ぜます。時間は5分から15分の間と火力で異るようです。

 火力や手網までの距離などで温度計の表示は異なります。しかし豆内部の温度や条件は科学的に物理的に同じである可能性が高いと思います。つまり温度計と実際の爆ぜ温度には誤差があるということだと思います。
  • 同じ火力
  • 同じ温度変化
  • 同じ時間経過
を再現できれば焙煎が確定すると思うのですが、特に火力視覚化する方法が未だ見つかりません。ガス圧計を入れれば良いのでしょうが…。もう少し研究の余地がありそうです。










2019年2月20日 追記

上昇気流で検証。

 カセットコンロからプロパンコンロにかえた時、炎の「ボーボー」という音は火力が強くなったと思いこんでいた。明らかに空気の音、風音。ところが温度は上がっていない。上昇気流が激しくなったのでは。上昇気流は気圧の差。
コンロの上に缶を積んで煙突効果(風量)の実験をしてみる。


点火すると風が凄い。煙突の中と外での気圧差が激しいのでしょう。試しに手網で焙煎してみる。勿論同じ温度・時間で。結果はまるで駄目。ここでも温度計表示と豆の中の温度sが著しく違うものと思われます。熱が籠もらない手網に強風は当然不向き。そういえば、エスプレッソマシーンの蒸気ノズル。ミルクに突っ込むとすぐに熱くできるのに、少し離して手を当てても涼しい強風。また、ヘアドライヤーの強風ポジションも熱くない。原理は全く同じではないでしょうが風が強いと温度は下がる。あたりまえ〜♪。

ならば輻射熱で実験。

丸十セラミック焼き網。
最低限通り抜ける風量は少なそう

このままでは熱が四方に拡散しているようで手網の温度は今ひとつ上がらない。

やはりシフォン型を乗せると効率は良いようです。

結果

 同じ火力で熱量はアップするようです。味も良く、甘みも増えて大らか・伸びやか。マイナス要素は感じられません。
  • 手網に風は☓
  • 輻射熱は◯
ということでしょうか。しばらくはこの方法で続けてみます。



2018年12月5日水曜日

ドリップコーヒーが膨らまないのは…

ガスの発生が少ないから?!

挽いたコーヒーにお湯を注ぐと全体が膨らみます。コーヒーの膨らみは豆の膨張とガスの発生


つまり膨らまないのはガスの発生が少ない。その理由は、

・豆が古い。(ガスがはじめから無い)
・お湯がヌルい。(ガスの発生量が少ない)
・豆の挽き方がエスプレッソ用の細かすぎるコーヒー粉を買ってきた(ガスの抜けが早い)
・豆の焙煎が浅煎りだ。(ガスの含有量が少ない)

と色々あります。一見、YouTubeの動画やお店のプロと同じやり方をしているつもりでも、ドリッパーの中で何が置きているのかまでは分かりません。



失敗する例

ドリッパーを上から見る限り均一にお湯が入ったように見えますが、湯量が足りないのでガスの発生も少なくなります。

下の図では、白色がフィルター、茶色がコーヒー、朱色がお湯。

均一にお湯が浸透して見えますが湯量が足りない


注湯が乱雑で速すぎたか、中心部から十分浸透してない

最も悪いのは早々とフィルターに直接お湯をかけてしまい、ドリッパーを伝って抜け落ちてしまうこと。コーヒー粉の表面にお湯を載せようとするとこの様になりやすい。




うまく出来ている例

・蒸らし始めのお湯は細く時間は7秒ぐらいかけ、十分な量のお湯を落とします。すぐに膨らみ1分ほどで中心から凹みます。







この後、凹みがでたら2湯目を始めます。量に関係なく、やはり1分ほどで抽出を終わります。


注湯の秘訣は


・水指しは、注ぎ口がパイプ状に根本から細いものを使う。
・お湯はコーヒー粉にそっと載せるのではなく高めの真上から垂直に落とす

コーヒー粉の厚みのある中心部を狙って真上から落とし、且つ、貫通しないよう徐々に周囲に広げていく。







失敗しないドリッパーがあります!



横穴式ドリッパーです。お湯を多めに入れても落ちません。必ずモッコリ膨らみます。
透明樹脂なので湯量と染み込み具合が横から見えます
落としても滅多に割れません。
熱伝導率が低いので熱のロスが少ない

横穴ドリッパーはこちらの記事も御覧ください。

私の店に来てドリッパーの前に座ればいつでも見れますが(^^)

2018年7月10日火曜日

Power nap オンなのにスリープ時に自動バックアップをしない


スリープ時にTimeCapsuleに自動バックアップとってるはずが、一ヶ月前から取れていない
ようだ。「Power nap オン」なのに。



環境設定→省エネルギー


鍵マークをクリック

一旦全てのチェックをはずしてから「デフォルトに戻す」をクリック

環境設定を閉じて、Macを再起動。

私はこれで直りました。


(このクリーンアップ中… って初めて見るような気がするなぁ)




2018年8月3日 追記
バッテリー関係が怪しい。
試しに、
「バッテリー使用時にPower nap をオンにする」
にチェックをいれる。

深夜にもちゃんとバックアップをとっている。




2018年8月2日 追記

暫くしてまたどうも様子がおかしい。確実にバックアップをとっていない。バッテリーアイコンをクリックしてみたら以下のように
「バッテリーの交換修理!」
の表示が。
これが原因かもしれない。



2019年4月9日 追記
以下のバッテリー交換でこの問題は完結したようです
MacBook Air (13-inch, Mid 2011) バッテリー交換