2018年12月5日水曜日

ドリップコーヒーが膨らまないのは…

ガスの発生が少ないから?!

挽いたコーヒーにお湯を注ぐと全体が膨らみます。コーヒーの膨らみは豆の膨張とガスの発生


つまり膨らまないのはガスの発生が少ない。その理由は、

・豆が古い。(ガスがはじめから無い)
・お湯がヌルい。(ガスの発生量が少ない)
・豆の挽き方がエスプレッソ用の細かすぎるコーヒー粉を買ってきた(ガスの抜けが早い)
・豆の焙煎が浅煎りだ。(ガスの含有量が少ない)

と色々あります。一見、YouTubeの動画やお店のプロと同じやり方をしているつもりでも、ドリッパーの中で何が置きているのかまでは分かりません。



失敗する例

ドリッパーを上から見る限り均一にお湯が入ったように見えますが、湯量が足りないのでガスの発生も少なくなります。

下の図では、白色がフィルター、茶色がコーヒー、朱色がお湯。

均一にお湯が浸透して見えますが湯量が足りない


注湯が乱雑で速すぎたか、中心部から十分浸透してない

最も悪いのは早々とフィルターに直接お湯をかけてしまい、ドリッパーを伝って抜け落ちてしまうこと。コーヒー粉の表面にお湯を載せようとするとこの様になりやすい。




うまく出来ている例

・蒸らし始めのお湯は細く時間は7秒ぐらいかけ、十分な量のお湯を落とします。すぐに膨らみ1分ほどで中心から凹みます。







この後、凹みがでたら2湯目を始めます。量に関係なく、やはり1分ほどで抽出を終わります。


注湯の秘訣は


・水指しは、注ぎ口がパイプ状に根本から細いものを使う。
・お湯はコーヒー粉にそっと載せるのではなく高めの真上から垂直に落とす

コーヒー粉の厚みのある中心部を狙って真上から落とし、且つ、貫通しないよう徐々に周囲に広げていく。







失敗しないドリッパーがあります!



横穴式ドリッパーです。お湯を多めに入れても落ちません。必ずモッコリ膨らみます。
透明樹脂なので湯量と染み込み具合が横から見えます。
落としても滅多に割れません。
熱伝導率が低いので熱のロスが少ない

横穴ドリッパーはこちらの記事も御覧ください。

私の店に来てドリッパーの前に座ればいつでも見れますが(^^)

2018年7月10日火曜日

Power nap オンなのにスリープ時に自動バックアップをしない


スリープ時にTimeCapsuleに自動バックアップとってるはずが、一ヶ月前から取れていない
ようだ。「Power nap オン」なのに。



環境設定→省エネルギー


鍵マークをクリック

一旦全てのチェックをはずしてから「デフォルトに戻す」をクリック

環境設定を閉じて、Macを再起動。

私はこれで直りました。


(このクリーンアップ中… って初めて見るような気がするなぁ)




2018年8月3日 追記
バッテリー関係が怪しい。
試しに、
「バッテリー使用時にPower nap をオンにする」
にチェックをいれる。

深夜にもちゃんとバックアップをとっている。




2018年8月2日 追記

暫くしてまたどうも様子がおかしい。確実にバックアップをとっていない。バッテリーアイコンをクリックしてみたら以下のように
「バッテリーの交換修理!」
の表示が。
これが原因かもしれない。





2018年6月13日水曜日

MacBookAir13用 スリーブケース COOL!

久々にMacBookAir13インチ用のCOOLケースを発見。
ネットで色々探してみたけどもう一つしっくりこない。MacBookAirの売りは
「SIMPLE&COOL」
です。意外にないものです。やっと見つけたのがコレ。(^o^)


 表と裏?片面パターンで片面シースルー。すでに中にはMacBookAir13インチが入っています。

 


ところが問題が一つ。
サイズがギリギリすぎて出し入れに時間がかかりすぎるのです。実はこれ百均のA4ケースです。ジッパー分だけ入り口が狭くなっているのです。そして内側もビニールで滑りが悪く中々入りません。つまり、実用になりません。(T_T)

思ったよりもマチがありませんでした。

 

で、妥協したのがB4サイズ。色違いだし(T_T)。

 










2018年5月11日金曜日

辛夷(コブシ)は枝先を切ってはダメ!?

家の前の児童公園。30年ぶりに辛夷の花が咲きました。
近所の人がちょっとざわざわ。
「この花って咲いたの見たことある?」
「初めて見た気がする」
というような会話。
花好きの私の、家の真ん前にあるのだから私の意見が正しいと思う。
初めて見ました。
暖冬の影響でしょうか。

ググってみると、
枝先に花芽が着くらしい。それを剪定したら花が咲かなくなるらしい。町内の何方かが知ってか知らずしてか、枝先を小まめに剪定していたとしたら花は永遠に咲かないことになる。
最近亡くなった方もいるので、もしや......... (^_^;)。

辛夷(こぶし)は木蓮の仲間ですが、横向きの花が華奢で健気に思います。











2018年5月29日 追記

住宅地のグーグルストリートビューは中々更新されない。それが幸いしてかこの辛夷の画像ありました。数年前の痛々しい辛夷が写っていました。



おわかりでしょうが、強剪定と言っても過言ではないと思います。つまり、
「花なんか咲くわけがない」
ということです。当町内のボランティアの方々が、それはそれは善意で公園の草刈りや掃除をしてくれているのです。感謝m(_ _)m。その方々に
「辛夷の枝先は切らないで」
とは、言えません。

 ちなみに現在の辛夷。元気モッサリ。




追記 2018年10月17日
 幹が見えなくなってきた。




2018年2月14日水曜日

国産PMA-60 は中国製Tripathを越えるか

ルームオーディオ

頭の中 (ヘッドホン) や顔の前 (デスクトップ) で音楽を聞くのは苦手です。部屋で大音量で音場に浸りたいのです。Tripath TA2020-020搭載のD級アンプはフロア型のスピーカーを鳴らせます。バックロードホーンD-70と180cmのDRW-1mkⅡ(ダブルレゾナンスウーファー)を鳴らすのに十分な性能を発揮します。アンプはAccuphase E-301 198,000円 (1981年11月発売)を使っていましたが、音質でTripath TA2020-020搭載のD級アンプLvpinに代替わりしました。
Lvpin LP-2020A を生かす オーディオシステム 
Lvpin LP-2020A+ (Tripath TA2020-020)


D級アンプに欲を出す

D級アンプといえばTripath TA2020-020。中国製のLepayだとかLvpinだとか本物だの偽物だのと言われていますが、チップは同じTripath社製 TA2020-020。コンデンサーだのコイルだの素子が違うだけでそれなりに音色も音質も違いますが共通するのは歪が少なく高分解であること。その中でもLvpinは中低音の肉付きと音場感が特にいいので4台買いました。その4台もケースの蓋をあけると見た目は皆同じですが、音質は微妙に違います。3千円前後ですからご愛嬌の範疇。
Lvpinに一つ欲を言えば、「さーさー」というノイズ。ボリュウムつまみを12時以上に回しスピーカーに耳を近づけるとノイズが聞こえる。アンプを作れる人なら何とかなるのでしょうが私には無理。

国産D級アンプはどうなの?

D級アンプは中国製を幾つか聞いただけですが、ハイテク日本にもない筈はない。
・日本製に期待するのは中国製を上回る、高精度・高密度・高SN比など緻密な製品。
・日本製に期待しないのは製品単価アップのための能書きと余計な音作り。
ググってみる。色々あるが、辿り着いたのはDENON PMA−60。実売5万円前後で高SN・高分解と曰わる方多し。製品はデジタル・ハイレゾ押し。そちら系のコダワリがてんこ盛りだ。接続もUSB・同軸・光・Bluetoothとか。(マニュアル→http://manuals.denon.com/PMA60/JP/JA/)。
私が興味あるのはRCA入力があってスピーカーケーブルがダイレクトに接続できるかどうかだけ。ミニプラグやバナナプラグは接点が増えて音を悪くするだけ。今時の人はそのほうが音が良いとか、古い方法と思っているらしい。撚り芯差し込み式は「ギロチン」のアダ名がついているw。

最近のブロガーはメーカーの手先?

宣伝してるのか、本当に買ってレビューを書いてるのか非常に分かり難い時代になったものです。信用できそうな人が極めて少ない。買ってみるしかないなとなるわけです。(まんまと)

DENON PMA−60 試聴

Amazonの傷有り製品を4万円台で購入しました。
・Source Direct モード
・RCA(アナログ入力)  CDプレイヤー Victor XL-Z711
での試聴です。
・音場感も良く、きめ細かく、歪みも感じない。暗騒音など録音の全てを拾いまくる。
・ノイジーとか癖とか一切ない。欠点が見つからない。
・低音は伸びているが量感が少く感じるのは、寧ろ正確再生なのか。
・安物アンプのガサツさもない。高級プリメインにありがちな肉太な音作りや色付けもない。
中国製と比べるとSN比が良いのか更に静かになった気がします。Lvpinは3,000円前後、PMA60は実売五万円前後。一聴しただけなら、プラス40,000円以上の出費の意味を見いだせない人もいるでしょうね。もう一つ期待以下な感じがします。PMA60は本体は勿論、リモコンも外見や質感に金をかけている。PMA-60からコダワリ部品を全て取っ払って安いアルミケースに入れたら、Lvpinと同じか、或いはLvpinの圧勝かもしれない。そんなものを作ってもDENONさんの儲けはほとんどないわけですが。
・Source Direct モード
・Coaxial (デジタル入力) CDプレイヤー Victor XL-Z711
念のため同軸デジタル接続を試してみました。とはいっても手持ちのケーブルはテレビのおまけのRCAコードしかありませんが取り敢えずはそれで。「Optical Degital Out」(光学…)とCDディスプレイ(液晶ではない!?)に表示されますが光ではなく「Coaxial」同軸デジタル接続です。昭和時代のご愛嬌。PMA-60の表示は大丈夫。


同軸デジタルという接続そのものがオーディオ界ではあまりいい評価を聞かない。ところが同軸デジタルの音質は圧倒的です。ダイナミックレンジ・立ち上がり・スピード・… 、どれをとっても圧倒的に同軸いいです。アナログの大人しさ、優等生な感じは消えてぐいぐい来ます。オーディオファンにはデジタル同軸がいいと思います。私には同軸デジタル出力できる機器はCDプレイヤーのみなので断定するには値しないかもしれません。
USB-DAC(デジタル入力MacBook Air (13-inch, Mid 2011)

これは頂けない。全体に音の粒が潰れてひどい音。元気というよりは煩い。このMacBook Air (13-inch, Mid 2011)の出力が酷いのだと思う。






最後に、
・Bluetooth MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
・Bluetooth iPhoneSE

Bluetoothでは MacBook Air (13-inch, Mid 2011) の汚名返上。これは中々いけます。







iPhoneSE もBluetoothでの音質は同程度。


でも、同軸デジタルに比べるとソフトでゆるい感じ。


最後に、光伝送。ケーブルはAmazonで買った500円前後と800円程度のもの。大差ないと思います。PMA-60には光入力端子が2個あるので助かります。



・CDプレイヤー Victor XL-Z711
・Apple TV (第3世代)
・SHAR PAQUOS TV
どれを繋いでも、光デジタル伝送が 一番のパフォーマンス。どの楽器も・声も・締まって・伸びやか・パンチが効いて素晴らしい。曖昧さが感じられない。低音というものはこういう音だったのかというくらい引き締まっている。更にダイナミックレンジが広いと感じる。聞き慣れた筈のいつもの音楽に我を忘れて聞き入ってしまった。PMA-60のDACはかなり良いのだと思う。接続相手次第でまだまだ余力がありそう。
 光イチオシです!!
音の良い順に並べると、
・光伝送
・同軸
・Bluetooth
・RCA
・USB
という結果です。接続するソースやプレイヤーの性能も大いに関係あるので一概には言えませんが。


PMA-60はTripath TA2020を越えるか

PMA-60の音が明らかにLvpinの音を上回ると思ったのはCoaxial (同軸デジタル入力)で Victor XL-Z711を聞いたとき。他の部分では費用対効果に値するかどうかは微妙だと思います。相変わらずコスパではTripath TA2020の圧勝です。
オーディオは上を見ればキリがない。私はPMA-60を買ってしまったのでこれを使い続けるつもりですが、まだ持っていない人はTripath TA2020を使い続けたほうがいいと思います。
しかし、格安中国製アンプは消耗するのも早いと思われます。次に買い替えの必要に迫られたら、Tripath TA2020のチップを使ってオーダーメードするか、または自分で作るかです。
どちらも現実的でないと思う人は人はPMA-60を買いましょう。PMA-60のフルデジタル光伝送接続は圧倒的です。アナログアンプに5万円〜20万円の予算を割くくらいなら、PMA-60の方が文句なしにお得です。特に、昭和のオーディオマニアは「次元の違う音」(フルデジタル)にはじめは戸惑うでしょうが、聞き込む程に、過去を捨て去るほうが懸命だと諭される事になるでしょう。




ラック内の左の縦置がPMA-60。右隣の小さいの3台が Lvpin(もはや飾り化) 。その上が CDプレイヤー Victor XL-Z711。その左がAppleTV。テレビはAQUOS。何れも音声は光デジタル伝送接続になりました。







2018年1月29日月曜日

Google+の「自分とだけ共有」を「一般公開」にかえる

WordPressとGoogle+のパブリサイズ共有。設定は完璧なはずが「自分とだけ共有」になってしまう。アプリは自分でいじれないので結果オーライの方法を紹介します。

コメントを空で保存する



下の「コメントを追加」欄の右端、「く」の字型のアイコンをクリックするとコメント入力ウインドウが開きます。何も入力しないで「保存」。
すると、下のように「一般公開」にかわります。(〜さんが最初に共有〜が付きます)

新規投稿してみると

更に、WordPressで新しい投稿を追加してみると、いきなり「一般公開」になっていました。理由はわかりませんが結果オーライ。


更に、WordPressでもう一つ記事を書いてみましたが、最初から「一般公開」になってます。ここから時間が経つとまた「自分とだけ共有」に変わるのかもしれませんね。

ドリップコーヒー上達の必須アイテム3

年を経るほどに長年の経験が物を言い、勘が冴え渡る…ということは先ずない。寧ろ衰える。目に見えないものを見えるものに変えることがうまいコーヒーへの近道。

軽量計

1グラム以下が計れるのが理想です。最低でも1グラム単位。いつも使う豆の量を固定します。私は必ず一人分ですが、それぞれの人数に応じて規定量を固定しておきます。

温度計

ドリップポットにリアルタイム水温計必須。水差しの湯温は思いの外変化します。
・給湯時の温度
・抽出中の温度
・抽出終わりの温度
私はポットに蓋をしません。抽出過多等を避けるため自然な温度低下を利用しています。
反応の早いデジタル計がおすすめです。アナログは数秒反応が遅れます。

タイマー

抽出時間を測定します。残り時間がビジュアルでわかるアナログ表示を、おすすめします。私の場合は
・最初の給湯から蒸らし終わりまで1分
・蒸らし終わりから抽出終わりまで1分
やはり、蒸らしで味に深みがでます。砂時計やiPhoneのタイマーを使います。




固定要素を増やすと変動要素が見えてきます。豆種・焙煎・風味の違いが分かり易いと思います。
・始まり → 経過(予測の修正) → 終わり
焙煎にも抽出にも当てはまる基本です。