えっ、吹替派?

よくある、

吹替派か字幕派かという話ですが、字幕派が半分も入るとは、よもや思わなかった。

字幕派の理由に、
「読んでると内容に集中出来ない」
とか読むのは面倒くさいとか。つまり、ストーリーだけ分かればそれで良いということね。更には吹き替え肯定評論家先生もいるとは、なんか悲しい。虚しい。
字幕を読んで、内容も理解し、英語もチェックするなんて変人のすること?。
友近・灘儀コンビのモノマネに象徴されるように、声優さんの役作りは相当なものだ。つまり脚色されている。日本の吹き替え技術(アテレコ)は高度だと評価されているようですが、
あらゆる表現は原則として他人が手を加えてはならないと思う。
本の世界も、翻訳者によって内容はともかく表現は異なるものとなる。という事は字幕も翻訳者によっては脚色したことになるのだが、元の先品の映像と音声には手を加えていないので、已む無しというところではないでしょうか。

最近地上波の韓ドラでは音声が2種でも字幕が無いものがあります。私は頑固ですから、「韓国語の字幕なし」で観てみましたがけっこうイケますよ。(-_-;)

このブログの人気の投稿

ドリップコーヒーに蒸らし革命!

チューブを出さずに 空気漏れ チェック

内窓 DIY プラダンでいいよ