TimeCapsule TimeMachine ...遅すぎ解消!!

脳ミソ足りない私の頭では、手当たり次第に色々やってみるしか無い訳です。持ち前のしつこさで勝負!!。

もう一回整理すると、今までバックアップは


・ MacBookAir → corega無線LANルータ → Time Capsule 


インターネットは


・ MacBookAir → corega無線LANルータ → YahooBBトリオモデム12M


だった。どちらもcorega無線LANルータを経由する。

更に、店内でインターネットするお客様と私のTime Capsuleが、同じcorega無線LANルータを通してアクセスするこ事になる。そこで干渉か。或いは狭い通りにラッシュアワー状態か。ふと思い出したのが、Time Capsuleはルータ機能を持っていること。先にモデムに接続してはどうか。


・ YahooBBトリオモデム12M → Time Capsule → corega無線LANルータ


にしてみる。バックアップは、


・ MacBookAir → Time Capsule


と超シンプル。お客様は


・ corega無線LANルータ → Time Capsule → YahooBBトリオモデム12M


とTime Capsuleの分が仲介一つ増えたように見えるが、接続速度は54MB、実質8MB以上出ているので今まで通りか渋滞をさけて少し速いかも。私も


・ MacBookAir → Time Capsule → YahooBBトリオモデム12M


とcorega無線LANルータを経由せずにインターネットへつながるので気持ちいい。




結果は見事に成功ということになる。接続速度にはcoregaルータ、Time Capsuleからモデム経由でも「54」と表示され(恐らく54MB)、Time Capsuleの方は「195」(恐らく195MB)と表示される。(いずれもWindowsでの表示)


何でもTime Capsuleは

同時デュアルバンド対応の802.11n
Wi-Fiベースステーション

を売りにしているので、最新の802.11nを基盤に2.4GHzと高速な5GHzの周波数帯を同時に使える優れもの。MacBookAirは802.11n対応だから、Time Capsuleとは5GHzで接続されるのでしょう。



←corega無線LANルータを通したもの。「リンク速度 54 Mbit/秒」


←Time Capsuleとの接続。

「リンク速度:300Mbit/秒」

と出ている。よく知らないけど速いってことでしょ?


知ってる人は、なんで最初からそうしなかったの?あたりまえ体操!と言いたいところでしょうが、ま、結果オーライということで。\(^o^)/










2013年4月25日 3:14 PM 追記
今は、Coregaはどうも不安定なので使ってません。Time Capsule内臓のルータのみでフリー無線LANも提供しています。


このブログの人気の投稿

ドリップコーヒーに蒸らし革命!

チューブを出さずに 空気漏れ チェック

内窓 DIY プラダンでいいよ