2013年7月20日土曜日

病前派 か病後派か

Tags

健康診断をして異常が見つかる

病院で処置をし薬などを飲む

指定された食べ物や生活習慣を改善する

治癒する

油断すると再発する


通常は上のパターン。薬の世話になると治癒力が低下しそう。私は、
生活習慣を改善する → 病気にならない

の簡単方式。病院に行かないし、薬も飲まない、おまけに治療費もかからない。健康診断もしない。やることをやっても病気になるのなら素直に諦める主義です。


病院や薬はあくまでも応急処置で緊急回避のみ。その後は自力で頑張るしかないのです。
人間余程の特殊細胞の持ち主でない限り皆同じ。なのに病気になる人とそうでない人がいる。病気の殆どは生活習慣病。原因は明白で、やるべきことをやってないからです。
違うのは、病気なってからやるか、病気になる前にやるかだけなのです。


どうせやることが同じなら

病気になる前に して置いたほうが、急にお金が必要になったり、入院の為仕事を失ったりしなくて済むのです。「手遅れ」はヤバイですよね。

面倒くさがりにはそれなりの結果が待っているのです。初めの半年・1年は大変かもしれませんが、習慣になってしまえば「やらなくては!」という意識もなく、普段通りに好きなことをやるだけなのです。

医学を学んで医師になるのは大変なことですが、病気にならないようにするのは簡単なことです。
必要な物を沢山食べて、楽な運動をして、早めに寝るだけでいいのですから。(^^)