ドリップコーヒー コーン型 金属フィルター 


写真はE-FANCE。他のブランドやデザイン・形は色々ありますが肝心のコーンは 同じ中国製ステンレスコーンと思われます。

内側はステンレスメッシュ、外側はステンレスで無数のパンチングホール。試しに、水道の蛇口から出た水を受けてみた。フィルターなんて無いかのようにすり抜けていきます。全く水がたまりません。

しかし、底面1cm程度は閉じられていているのでドリップが残り少なくなると透過速度は少し落ちる。実際にコーヒー粉20gをいれてドリップしてみると、円錐型なので 丸太衣料のA−1布フィルターほど速くは抽出されない。丁度良い速さになる。

実際にコーヒーを淹れてみました。
コーンは相似形なので1杯から4杯まで抽出出来そうです。
味はとても良い。
コクがあり、円やかで膨よかで味に厚みがある。
実は、とても冷静でいられない程の、驚きの旨さ。この道40年で初めて「うまい」と言えるコーヒーが出来たような気がする。(こんな素晴らしいものは狙って作り上げたものでは無く、偶然出来たに違いない)
コーンの形状とフィルターのメッシュが見事に調和。コーヒープレスの粗雑さとネルドリップの吸油性問題を見事に克服している。


デザインが合わないので 36年使った木製のサイフォンガステーブルはお役御免


直ぐにステンレスフィルターを4セット追加購入。現在はネルドリップに取って代わって活躍している。
ドリップスタンド周辺もすっかり模様替え。ドリップスタンドも黒。ステンレスのドリップポット650mlもE-FRANCE。



温度計はドリルで直径3mmの穴を開けて差し込みました。

追記 2018年1月16日
手軽に油の旨味が味わえます。飲み続けると油が気になって来ます。スッキリとして且つ骨のある味は、やはりネルに軍配が...。

このブログの人気の投稿

ドリップコーヒーに蒸らし革命!

チューブを出さずに 空気漏れ チェック

内窓 DIY プラダンでいいよ